セントレア夏の撮影特訓2010(5)

2010/09/20

まさかのセントレア更新周回遅れの危機。
更新スピード上げましてよ。

8月12日の続き。台風→ベイパー祭→エーデルワイス→天候回復と、たった一日の間に様々な風景を見せたセントレア。
1281622892.jpgできれば夕焼けを撮りたいので、常連さんとお話をしながら、たまに撮影ということをやっていました。
常連さんの様々なお話は、なかなかセントレアに来れない私としてはとても参考になるので、大変ありがたいです。

←写真は差し入れで頂いた大学いもウマウマー☆でした。ありがとうございました。

ではその様子を。
201008centrair61.jpg
金と青。2号機と4号機?

201008centrair62.jpg
CAパンダが帰っていきました。


そしてお楽しみの夕刻タイム。しかしちょっと雲が多めでくっきりとした夕焼けには恵まれませんでした。でもとれもきれいなカーテンのような光の帯。
201008centrair63.jpg
スーパードルフィン君がアクセント。

そろそろB737-500スーパードルフィン君の特集blogを作りたい。スポッター的なものではなく、「スーパードルフィン君のいる風景」という感じの。でもなかなか時間が取れません。
ちなみにスーパードルフィン君はいよいよ20機を割り込んだ模様。後継候補はMRJという案もあるらしいので、撮りためるにはしばらく時間はあるとは思いますが。
201008centrair64.jpg
もうすこし赤く染まってくれたらいいのですが


さて、夕焼けはいまいちだったので夕ご飯を食べに行くことに。
セントレア常連の皆様の穴場スポットへ。

1281623080.jpg刀削麺食べに来ました。
(というか「とうしょうめん」→「刀削麺」を一発変換するIME2010にちょっとビビった)
担担麺を食べたかったのですが、胃がまだ本調子ではなかったので(今もまだ完治ではないのですが)牛肉麺を頂きました。もちもちしておいしかったです。厨房ではちょっとやる気のないおじさんが麺を削ってました。

さて、おなかもいっぱいになったので夜の撮影練習。
201008centrair65.jpg
金色のエティハドはこういう光に映える

期待した通りのエティハドA330の美しさに満足。

パールカラーの塗装は、夜は結構いい色に輝いたりします。
普段の柔らかい色からは想像がつかないのですがJALの塗装は結構金属っぽいツヤが出ます。
201008centrair66.jpg
JALの塗装は夜はなかなかよろしい。


201008centrair67.jpg
スーパードルフィン君。


201008centrair68.jpg
MD90のライトの多さは夜にこそ撮りたい。


201008centrair69.jpg
アンコリぴかーん。


201008centrair71.jpg
窓から体を出して窓ふき掃除。

何気にアクロバティックな体勢にちょっとハラハラ。

さて、2130のエティハドのA330の出発時間となりました。
前回来た5月の時は2300に変更になってしまい撮れませんでした。
201008centrair70.jpg
なぜかプッシュバックが長くてスカイデッキの端まで来た。

こんなに長い距離を押してもらうとは思っていなかったので驚きでした。スカイデッキの端にいた私としてはありがたかったです。
それにしても、エティハドの金色塗装は、思いのほか荘厳で、逆行気味ながらよい味を出してくれました。夜の撮影はある程度構図を考えておくのですが、これはその想像とはいい意味で異なる写真になった気がします。まだまだ習作みたいなもんですが。

結局、一発勝負で臨んだエティハドの離陸。
参考にどんな様子なのか知りたくて、セントレアの常連さんにエティハドの上がりが撮りたい話をしたら「さすがに夜だし、常連でもそんなにいないんじゃないかな」と言われていました。
結果は惨敗というか…あまりの強敵っぷりに悔しさがこみ上げました。

てかこのタイミングでRWチェンジされたら、たまったもんじゃない…
ほかの国際線の飛行機がもっと離れた位置で機首を上げるのに、エティハドは滑走路の半分もいかないぐらいで軽々と離陸してしまいました。よく考えたら北京経由だしなぁ。
201008centrair72.jpg
まぁまたそのうちに。

次回、8月13日編です。さすがにあと1回で終わるかな?




posted at 2010/09/20 14:21

category>> 空港PHOTO>中部国際空港セントレア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。