岩国基地フレンドシップディ2010その6

2010/10/18

正直、いつ書き終わることができるのか私自身良く分からない、岩国基地フレンドシップデー2010の記事その6。
相変わらずの逆光で、更に機体がモノトーンということもあり同じような絵が続きますが勘弁して下さい。あ、前回予告した空から降りてきた綺麗なおねいさんは出てくるのでその辺はご安心を。

ママゴハン展示(近接航空支援=CAS)が終わり、続いてはハリアー。
LEVEL IIIのデモも、私が始めて岩国に行った2006年の時は実施されませんでした。
岩国は毎年同じスケジュールというのはまずありえない。良いのやらどーなのやら。

201005iwakuni_88.jpg
ひそひそ「ねぇ、あんた飛んできてよ」「えー今日はここで寝てたいのに・・・zzz」


しゃーないなーと1機のハリアーが離陸。ほとんど滑走路使っていません。でもRWはどちらかは決めて離陸するのね(笑)
201005iwakuni_89.jpg
あっという間に離陸。毎年撮っていてもやっぱりはみ出す。


201005iwakuni_100.jpg
真上ハリアー。もうちょっとヘイズが収まってくれたらなぁ・・・

正直、今年は例年よりも地味なフライトと言わざるを得ませんでしたが、それでもハリアーのデモが見れるのは日本では岩国だけ。あの「ニィィィイイイー♪」のエンジン音をたっぷりと味わえるのもまた岩国だけ。(注:展示機の新田原の帰りだと一瞬だけしか味わえません)

そしてお約束の「浮きます♪浮きます♪」
黒い排気を下向きに出しながら・・・浮いてます☆全力で。VTOL機でも「浮く」ということは相当のパワーを使うようで、相当エンジンの音が大きい。

どのぐらい全力かと言うと・・・
201005iwakuni_101.jpg
このぐらい全力♪

ブルーインパルスを悠然と見下ろすように浮くハリアー。毎年見てもやっぱり壮観です。
(実際の位置はブルーの真上と言うわけではないのだとは思いますが)

まぁ壮観だなぁとしみじみ思って何枚か写真を撮り終わると・・・
今度は飽きてくる。
ずーっと浮いてるので飽きてくる。

飽きすぎて、しまいにはカメラ下ろしてぼんやり見てたりする。
201005iwakuni_90.jpg
ひどいっ!頑張っているんだから、飽きたとか言わないで涙が出ちゃう。

いやだって写真が全部同じ構図になるんだもん。

201005iwakuni_91.jpg
ウワァァンヽ(`Д´)ノそんなこと言うなら飛んでやる!

と今度はそのまま上昇していきます。

201005iwakuni_92.jpg
その時の騒音といったらもう凄まじい。

3次元的に飛んでいくハリアーさんでした。お疲れ様。

そしてたいちょとふくちょ(お2人お出かけ中)から電話がかかってきました。といってもうちのキャリアは朝8時から完全不通なのでけいらちゃんところにかかってきたわけですが。朝の8時から携帯不通で一度はぐれたら間違いなく迷子確定の私は、正直恐怖で有料席から出る気がしません。
iPhoneの影響が大きいのでしょう。iPhoneは、もうDoCoMoに行って下さって結構です(古参ボーダフォンユーザの嘆き)SIM販売だけではなくてきちんと販売されたらそのほうがよっぽどiPhone欲しくなりそうな気がする。高くなりそうだけど。

そしてその電話とは!
1273053336.jpg私が愛して止まないお馬さんGoodsを発見してくれました。以前(前年の小松)で「黒馬グッズないですか?てかなんで無いの?」と嘆きまくっていたお店で、第23飛行隊の黒馬様グッズが出ているとのこと。馬グッズってホントなかなか見つからないのよね!

たいちょ「なにか買っていこうか?」
翡翠「ひとまず5000円で買える分。あとで買い足すから」
たいちょ「・・・え?」
なんかもうわけわからない返答でゴメン。
とりあえず買い占めんばかりの大量のお馬さんグッズを買ってきてもらって満足満足。今年の年末に、大ファンのGUCCI飛行班長にサインもらうんだ!ワクワクワクワク(゚∀゚)!!!

続いては・・・はい、お待たせしました。
綺麗なおねいさんが飛んでくるよ!
正確には、パラシュート降下で降りてきたおねいさん。
Merissa Aerobaticsを率いる彼女Melissa PembertonはJumperのみならずパイロットでもあるそうです。Myspaceや公式webにある映像を見ると、とってもステキでパワフルな女性であることがわかりました。フライトも文句なしで素晴らしい。
ついでにめっちゃ可愛い(゚∀゚)!!!←ここポイント。
いいなぁ〜来年は是非飛行機で飛んで欲しい!Pitts希望!
201005iwakuni_93.jpg
来年も飛んで(跳んで?)欲しいなぁ。


201005iwakuni_94.jpg
笑顔もとってもキュート☆

周囲のオジサマたちのシャッターを切る頻度が上がっていたのは言うまでもない・・・のかな。
私はご機嫌で撮っていました。同性でも可愛いおねいさんは撮りたい。うん。

というわけで、次は今年の壮大なシークレットゲスト。
Oさんに朝から「スゴイの飛んでくるらしい」と言う話を聞いていました。オーサンから来ると言えばやはりコレかな・・・という予想はついていていたのですが。
はるか上空に見える影。そして不思議な飛行機雲。
あの大きな鳥がやってきた。国を超えて飛んできた・・・
201005iwakuni_95.jpg
マジで変なの飛んでキタキター(゚A゚)ー!

というわけでU-2がリモートでローパス。
なんか冷戦時代の産物と言う感じをぷんぷんにおわせる漆黒の機体。ついでにやたらデカイ。
深海魚が浅瀬に来た時の違和感ってあるじゃないですか。アレに似てる。もっと高層を飛んでいないといけないものが、降りてきたという違和感。

201005iwakuni_96.jpg
大きな鳥を従えると、不気味さがいっそう増す感じ。

超高高度を飛ぶということでイメージ的には静かに音もなく飛んでいそうな感じだったんだけど・・・実際は結構の轟音で飛ぶ普通のジェットでした。百聞は一見にしかず。

201005iwakuni_97.jpg
コックピット。頭つっかえそうなぐらい狭い。

こんなところに12時間も閉じ込められたらと思うとちょっと耐えられなさそう・・・それも一人で。

201005iwakuni_98.jpg
黒くて大きくて、なんかおどろおどろしい・・・


201005iwakuni_99.jpg
そして最後は見事なハイレート!

てか胴体はまさにエンジンだけを抱え込むようでほんとに細い。

ナレーションにもありましたが、そのまま韓国のオーサン基地に戻っていきました。
なんという壮大なリモートフライトだったんだろう。
なんか気が抜けたところで今回はここまで。

次回はF-16が再び大暴れ。




posted at 2010/10/18 21:45

category>> 航空祭2010>岩国基地FSD2010
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。