100均プラモを作ってみる(2)

2005/08/24

忘れないうちに進んだ部分まで書いておこうっと。

さて、前回に引き続きド素人による『100均プラモを作ってみる(2)』ダイソーの1/144・F-15Cイーグルの続き。前回は一応機体を合体させて、ライトグレーの地を塗ったところで終わりました。







下地までは筆塗りでなんとかなるのですが、ここからが私のような素人泣かせの迷彩塗装。



イーグル独特の迷彩は「カウンターシェイド」と呼ばれ有名ですが、このうねうね感が筆ではまず出ない・・・筆塗りの「神」領域の人だと、筆塗りでもこの迷彩グラデを見事に描くそうな。早い話が、さっさとエアブラシ買えという話ですが、コンプレッサー付きの数万もするエアブラシ買うなら、2GBのコンパクトフラッシュを買いたい人間なのでここは黙ってお手軽な筆塗りでいきます。自然なうねうねって結構難しい。まっすぐ引こうとしてうねうねするほうは楽なんですけどね。まぁ楽しきゃいいので放っておいて下さい。実際100円なのにこんなに楽しくて良いのかってぐらい楽しんでましたが。







上の写真が半ばあきらめつつ筆でぬった迷彩模様Before→After。遠目だとそれなりの出来ですが、近づくと筆塗り感がたっぷり(泣)(2)の写真がエンジンとつながる金属部分を塗っているところ。銀色にちょっとグレー混ぜたので塗りしました(実は説明書どおりなのに位置が違ったっぽい・・・100均だしなぁ)この銀色の部分の先端にアフターバーナーの部分がくっつきました。銀にすこし黒を混ぜたので塗った部品を合体。



しかし、これだけでは愛想がないので、墨入れいきます!墨入れについてですが、エナメルの黒を専用の溶剤で溶いたものを同じく筆で塗りたくり、それを筋彫りのところに表面張力で流し込むだけ。半乾きになったら専用溶剤を綿棒につけていらない部分を落として出来上がり。たまに気合入れずぎて落としすぎるので、ペンで書き足して、あー、なんとなく汚れてそれらしいイーグルの雰囲気に。と思ったらアメリカ空軍のサイトの写真のF-15Cってあんまり汚らしくない。塗装の頻度なのかな。





では今日はこんなところで。あ、そういやコックピットつけましたね・・・

あとは脚とタイヤ、ミサイルと他の1/144から余った増槽でもつけようと思います。次回で終わるかな?でもデカールもあるしなぁ。












posted at 2005/08/24 00:35

category>> その他>プラモデル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。