松島外周2日目(Mar.02)-午前(1)-

2006/04/03

さて、すでに一ヶ月以上が経過してしまいましたが、松島話の続きでも徒然と書いてみたいと思います。今までの話は、パソコン持って行って松島(と帰った直後)に勢いで書いた松島基地2006春(リアルタイム版)と、松島基地2006春(総集編)を合わせて読んでいただければ幸いです。

----------

『3月1日(基地見学)の午後』



色々と興味深い格納庫内撮影や、3番機VIPERさん(@自転車)にお会いできたりと、とても楽しかったのですが、天候不良もあって、あまりにもあっさりと終わってしまった松島基地見学。ほとんど出番のなかったカメラやらレンズやらを担いで、ヨタヨタとホテルに戻ると、私は数日間の寝不足が響いたのか、『妙な東北弁交じりの大阪弁風味の標準語』でなにやら寝言を言いつつ、ベッドにひっくり返って寝ていました。そして、とうとうこの日の不完全燃焼に耐え切れなくなった私たちは、次の日の最後の外周にすべてを賭ける決意をしました。



ほな、いっちょレンタカー借りて基地外周乗り込みますかv



初日はありがたいことに、長老が車に乗せて下さって、基地外周をぶっ飛ばしていただいたわけですが、やはり2回目までお世話になるわけにもいかん・・・せっかくだし、自分達で行ける所までいってみるか!?というわけで、私のパソコンもあるし、ホテルはLAN回線があるので、色々調べて石巻でレンタカーすることになりました。



でもちょっと待て、誰が運転するねん、と。



ちなみに翡翠は、完全なるペーパードライバー。学生っていうのもありますが、都内なんて、ちょっと歩いたら3つぐらい地下鉄の駅が出現するので、車なんて本当に要らないんですわ。もう3年ぐらいハンドル握ってません。とりあえず事故起こしたくなかったら、後席要員かナレーター(!)に志願すべきでしょう。





「け、けいらちゃんアメリカで車運転しとったいうてたやん!」

「そ、そんなのかなり前の話だし・・・w」



じゃ、ロナさんお願いします(はぁと)

流れ的にあっさりと決まって、3名のうち余裕で最年少のロナさんにすべてを託すことに。それでは、運転、お願いします。





『3月2日(外周2日目)朝』

この日は、さすがに連日の寝不足と疲れが出ていたのか、3人が3人とも二度寝をして、起きたら仙石線の発車時間40分前。全身の毛が逆立つ感じでした。やばい、今日はもうチェックアウトだから荷物詰めないとだめなのに・・・

スタートからこんな感じでしたが、奇跡的に(何をどうやって準備したから、間に合ったのかも分からない・・・)時刻どおりの仙石線に飛び乗って、石巻へ。まさにスクランブル。

ああ、そういや松島に来たのに、景勝地らしいところも見ずに、3日とも松島基地とホテルを往復しただけだったなぁと思いつつも、それがとても幸せだったりするのはやっぱりブルーインパルスが好きだったからなんだと思います。横の写真は、唯一撮った電車の中からの松島の景色。今度は一度、途中下車してみたいな・・・(一度降りたら電車全然来ないけどなorz)



さて、松島基地のある矢本をいったん通り越し、石巻でレンタカーを借りて、再び松島基地を目指します。運転:ロナさん、ナビ:けいらちゃん、後席要員(荷物整理):翡翠wってな感じ。一応前日にネットで地図を見てきたし、カーナビもあるので迷わないだろうなぁと思いつつもやっぱり少し緊張します。ロナさんもあまり最近は運転されていないそうだったのですが、お上手でした。ブルーのハンガーが見えてきた頃には、本当に涙が出そうでした。うはwとうとう基地に着いた!!!ブルーT-4も出てる!5番機出てたァァァァァァGUCCI様〜v(゚∀゚)v(←やっぱりここがポイント)

風向きも大体予報でチェックしてきたので、北風が強そうなので33降りもありそうだ、ということで33エンドへ。



それにしても風が強い朝でした。戦闘機が上がるジェットの音なのか、風の音なのか区別がつかんがなというぐらいの強さです。フィールドアクロが始まるまで、車の中でRJSTさんが持ってきてくださった素敵な写真の数々のアルバムをウハウハしながら眺めたりしつつ待機。本当に寒いので、車借りてきてよかった・・・



さあ、今回の松島旅行で見るのが最後になるであろう、フィールドアクロの幕開けです。もう次はいつこれるか分からない・・・暴風にもめげず、気合を入れていくでー!先ほどこっそりハンガー横に見に行った時は5機出ていたのですが、さて5番機・・・は・・・?フィールドアクロは2+2の4機!!5番機登場!





このタキシーの光景とてもいい感じなので好きです。(拡大可、以下同)

5番機キタァァ!!GUCCI様ァァァ!(゚∀゚)←終始私はこんな感じ。




5番機のローアングルキューバンT/Oは前回の写真で晒したとおりです。

まだまだあの構図の写真は研究の余地アリですな。



というわけで、T/O後に戻ってきてロールする直前の5番機。


この後、5番機がクルッとして、私がキャァァァァァァ!!5番機!GUCCI様!川口3佐!!カッコイイ〜!となるわけです。いやもう、同行者の皆さんとかはこの絶叫っぷり入間あたりから慣れっこですよね(笑)「今回は叫ぶまい!」と思っていてもやっぱり5番機飛んできたら叫んでる自分がいるわけで。





続いて、6番機の離陸のみ33上がり。POPEYE師匠頑張ってくださいv



ブラストなのか、強風なのかはよく分からないのですがとりあえずこの後吹っ飛ばされました・・・ブラストって思ったほど温かくないのね。





さて、ここで念願の一枚を。


5番機の演技は全部大好きですが、やっぱりこのバーティカルクライムロールはイイッ!スモークを切り離す瞬間も更にカッコイイんですが、またその写真もあるのでサイトのほうに載せてみたいと思ってます。天に突き刺さるようにまっすぐに昇っていく5番機の姿は圧巻。言葉すらなくなってしまいます。望遠レンズ付けっぱなしだったから撮ってなかったけど。呆然として口あけて見入ってました・・・今度は撮る。



今回は広角に切り替えてなかったことと、曇りがちなので全然撮れなかったのですが、バーティカルキューバン8もすごい好きです。外周初日に見たときに思ったんですが、GUCCI様のバーティカルキューバン8は、すごく綺麗なんです。特に8の字を描く時、とても滑らかで対称になっていて、本当に綺麗だな〜!と素人ながらに感動していました(周囲にその話をしまくっていたのですが、イマイチ反応が薄くて「ふーん・・・良かったね」みたいな感じでしょんぼりしていたわけですが、先日出た本『第11飛行隊の軌跡』でも、ドルフィンライダーの紹介のところで、GUCCI様のページでバーティカルキューバン8の話があったので感激でした)





そういや、編隊系出してなかったなぁというわけで1枚。

でも5番機がいないと寂しいから、編隊系でも5番機アリの写真。






タッククロス!じゃなくて、コークスクリューのラスト(多分)このあたりから、雲が出始めてきたのですが、モノクロっぽい雰囲気が出てまぁいいか。すごい好きな構図です。なかなかこの前後のシーンって撮れないもんです。いやはや、まだまだ写真は修行の身。



そしてフィールドアクロは終了、各機が戻ってきました。初の33降り。近いなぁと言う感覚は確かにありましたが、脚立乗っかって、必死になってレンズを向けていたら、その距離感って結構気づいていないもんだったりします。ダイジェスト版では、念願の5番機のコクピット狙い(笑)でしたが、今回はかわいい後姿を。

先日、母に写真を見せたところ「ピョコッ!っと両手両足を広げて降りてくるT-4の後姿がとても可愛い」との感想。うん!分かる!めっさ可愛い。エアブレーキ開いたらますます可愛い。だから今回はその後姿を。もちろん愛しの5番機で。





両手両足広げてがんばっとりますv(と見える)




あー5番機かっこよかったv

・・・と、ニタニタしながら、ランディングする5番機を眺めておりました。



と最後には「某所からミッションを受けて」外周の皆様と写真撮影!!(飴も頂きました)

長老、わざわざレンズ貸してくださって、感謝です。(そのIS不良のレンズも、先日修理から戻ってきました←直ってんのかなw)

たった数日、松島に滞在しただけなのに、こんなに外周の皆さん&カンクリさんには、色々とよくしていただけて本当に感激・・・頑張って来て良かった・・・(゚∀゚)



外周話は、しつこくまだ続きます(あと2回ぐらい?)








posted at 2006/04/03 19:45

category>> 航空祭2006>松島基地2006春
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。