百里基地航空祭2006まとめ(3)

2006/08/16

刻々と松島基地航空祭が近づいているわけですが、千歳の話は、多分松島の後になりそうな予感です。さて今回は、百里基地航空祭2006まとめ、F-15Jデモスクランブル編。なんと2機の梅組305sqのイーグルの目の前にいたので、その様子が望遠レンズ越しに手に取るように良く分かりました。エンジンが始動すると、横にいたロナさんとしゃべるにも、叫んでもぬぁぁ〜んにも聞こえません。



整備員とパイロット2人が整列。「走りますね?」「走りますよね」と、微妙な会話をしつつ、ロナさんと目配せ。カメラ準備、よし!



と・・・!



警報の音と共に一斉に振り返り、パイロット、整備員が機体に向かって走り出します。



後ろに控えるイーグル2機へと、飛びかからんばかりの猛ダッシュ!




はしごを駆け上がる#962のパイロットさん


私は、主に手前のほうの#962のイーグルのパイロットさんを追って撮っていたのですが、全力で走って、ためらい無くはしごを駆け上っていく姿は、ちょっと圧倒されました・・・普段私達の見ることの無い”最前線”というところでは何が行われているのかという、片鱗を見た気がします。



エンジンが始動し、あまりにも迅速に手際良く行われていくために、唖然として見えているのが精一杯でした。所要時間は、写真に記録されていた時間からみて、およそ3分半〜4分ぐらい。

先ほどまで目の前にたたずんでいたとは思えない迫力と轟音と共に、2機がハイレートで上がっていきました。ベイパーがひどすぎて、機体全体が真っ白になってしまい、どこにイーグルがいるのかすら分かりませんでした・・・

さて、ここからは迫力の機動飛行です。



夏空を思わせる(この日は梅雨明け宣言が出た日なんだそうで・・・)

入道雲を背にテイクオフ!この後ドーンとハイレートでした。




背中にベイパー背負って迫ってきます








ギアダウン&エアブレーキキターヽ(゚∀゚ )ノ!




この力強さといったらもう!




もちろんこのまま降りずに上昇です。


2機をからめた写真はなかなか撮りづらかったのですが、この一瞬だけ。2機どころかブルー含めて3機になったよ・・・5番機のキャノピー入れたら4機?



まさに乱舞するイーグルって感じで凄かった。


凄まじい機動飛行の後はイーグルに模擬弾を装弾。整備員の手によって、慎重にAIM-9Lのキャプティブ弾とAAM-3のキャプティブ弾が2機のイーグルに装着されて、それを降りてきたパイロットが確認して終了、みたいな感じでした。追記:スパローとバルカン砲の装弾は見てなかったorz





posted at 2006/08/16 13:39

category>> 航空祭2006>百里基地航空祭2006
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。