築城基地航空祭2006まとめ(2)Lead Solo再収録☆

2008/01/20

それでは、マイペースで築城基地航空祭2006(←ココ重要)まとめ2回目です。この年の築城基地航空祭は、開門直後は曇り気味だったものの、すぐに冷たい雨が降り出し・・・格納庫に待機しつつも、最後の望みに賭けて傘を差して5番機前の場所確保するために様子を見に行く、という繰り返しでした。それにしてもサム-(((((゚Д゚)))))ーイ!


ドルフィンライダーさんも、しばらく皆さん格納庫に避難されていました。


イーグルが少し上がったりしましたが、やっぱり機動飛行は全滅でした。寒さに震えながらも、やっぱり諦めきれない・・・そして、人も帰り始めてまばらになっていきます。しかし少しでも希望があるなら残りたい。そして昼からブルーインパルスは「アリ」のアナウンスが。もちろん、空を見上げたら、雨は小雨になったとはいえ、ブルーインパルスはどうやっても飛べそうにない空模様なのです。それでも、その姿勢に感動しました。





そういや、初めて5番機前で帰投を見送った2005年の浜松の時も、みぞれの降る寒い夕方だったのを思い出しました。あの日も、5番機のキャノピーは雨粒が光っていて綺麗だなぁと思ったものでした。



ブルーインパルスの6機を見守りつつ、このまま滑走だけで終わってしまうのか、と思っていると、1機だけすっと前に出てきました。遠いので、何番機か分からないのでとりあえず近いところにいた戦友殿に「何番機か分かる?1番機かな?」と聞くも、さすがにお互い確信は持てません。

その1機が水しぶきを上げながら滑走開始!ちょっ、ちょっと!5番機!?



そのままスモークオンして、離陸し旋回する5番機。もう冷たい雨まじりの空の下でも大興奮です。私が見てきたGUCCI様の5番機でも、ここまで興奮するシーンというのも数少ないといえるほどの大感激っぷりでした。





そのまま270度旋回後翼を振りながら5番機が会場の上空を通過していきました。まさか、築城で5番機の天候偵察が見れるとは思いませんでした(私は行けませんでしたが、2007年の芦屋も同じような天候偵察があったそうですが・・・)それが合図となったかのように、今は2番機として活躍中のIPPEIさんの「演技中止」のナレーションが会場に響きました。



いや〜それにしてもこの時の5番機の1機とは思えない存在感。かっこよさは更に際立っておりました。格納庫にもお客さんがたくさん・・・と言うことで、5番機は格納庫からも良く見えるエプロン寄りをローパス。そこもまたステキ(゚∀゚)!でした。













ウォークバックもなかったのですが、それでもブルー前は人が結構集まっていました。こういう航空祭もたまにはいいかな!?なんて思ってみたり。でもあとで戦友殿とロナさんに「そりゃー5番機は飛んだし?」とツッコミ入れられてm(略)







この後、ソロのSしてもらってニマニマしたりして(←!?)楽しい築城航空祭はお開きになりました。というわけで2006年築城はこれにて完了です。どうしても、このGUCCI様5番機天候偵察の記事が書きたかったんです!



次回は多分2006年の新田原になるか・・・な?




posted at 2008/01/20 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

MAIL:

URL:


コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。