懐かしのエアーフェスタ那覇2006(5)

2008/05/14

お久しぶりの記事です。
ゴールデンウィーク前に急に仕事が忙しくなり、連休突入と共に体調を崩してバタンと寝込んでしまいました。おかげで連休はどこにも行かず、粘土細工をして、まったりまったり・・・

さて、今回は懐かしのエアーフェスタ那覇2006の記事5回目です。こんなに古〜い記事ばかり書いてもいいのやらと少し不安になってふと母に尋ねてみました。その答えは「まぁ、航空祭は1日過ぎたらみんな”過去”やからね・・・楽しんで書くのが一番ちゃうの?」ということでした。その言葉に励まされつつ、やっぱり航空祭の思い出は今でも鮮明なので、楽しんで書いていこうと思います。

42.jpg
ブルーが飛ぶ直前、P-3Cが目の前に。プロペラは手前のほうのはほとんど停止状態。


43.jpg
いよいよブルーがテイクオフ!曇天のなかにダイヤモンド隊形


この時にCF交換しておけばよかったのに・・・油断していてちょうど5番機と6番機の離陸の時にfull CFが点灯('A`)!それでもCF急いで交換して何とか5番機はおさえます(もちろーん!)

44.jpg
CFを急いで交換してやっぱり5番機追います!


45.jpg
まずはデルタ隊形で


那覇は民間機のトラフィックも激しいほうだと思います。ブルーの展示飛行中もひっきりなしに民間機が離陸していく姿を見ることになります。今なら「民間機」のほうにもかなり興味があったので、更に楽しめたはず・・・んーちょっともったいない!
46.jpg
大きなウイングレットのB737-781、JA05AN。鼻ちょん切ってゴメンネ('A`)ノシ
せっかくなら同じ-700でも金シャチ持ってきて欲しかった・・・



47.jpg
リーダーズベネフィット。このぐらいの角度が一番かっこいい

リーベネはホントカッコイイ隊形だと思います。一番シンプルかつ堂々としている感じがいいですね。隊長に連れられてくる5機のドルフィンのような。そういや、グランドクロスもずいぶんご無沙汰してるなぁ・・・
この後、ポイントスター、スワンと続きます。

さて、今回の1つの山場は・・・
次のデルタ360だといってもいいんじゃないでしょうか。
48.jpg
いつもとは「逆周り」デルタ360。
あ、デルタローパスとそっくりな構図に・・・(笑)

ま、構図のほうは、3番機の尾翼がキラッと光ったからいいとしましょう(笑)
普段のデルタ360は、先日の瀬戸大橋20周年の時の方向に回りますが、那覇では逆周りなのです。これは展示飛行前に、GUCCI様から直々に!バッチリレクチャー受けたという思い出があります。
イロイロとGUCCI様とお話できて幸せだったなー♪ファイターウェポンの話や303sqのマークのマグカップ話、ファイターウェポンの話や、小松の航空祭でノータンクのイーグルで華麗に飛ばれた話などなど・・・

49.jpg
で、いよいよ逆バージョンデルタ360です。
いよいよ天気も下り坂・・・ISOあげまくってザラザラ('A`)

でも、この那覇の厚い雲にも映えるデルタ360もまたよき思い出。
この後5番機と6番機でスラントキューピッド。美味しく右側(5番機側)は頂きました(笑)

天気はますます悪くなります・・・時刻は16時を回る頃。
でも、やっぱり「アレ」を見なければTEAM GUCCI、この年最後のシメはできません!

那覇は共用空港ですが航空管制は国交省側にあるそうで、ブルーも主に滑走路よりも更に奥に位置する海側しか飛べないらしい。
そんなに離れていても、5番機1機でソロといえば・・・やはりこの課目。
待ちに待ったナイフエッジパスがおこなわれました。

しかーし!この5番機の存在感を見よっ!この年見納め、GUCCI様のナイフエッジパス(タンクつき☆)
50.jpg
背中バッチリ☆GUCCI様のナイフエッジパス。

幸せ幸せ。コレでこの年も年越しができそう・・・そんな気分になりました。

その後ファイブカード、コンバットピッチで終了。ランディングです。航過飛行にもかかわらず、ほぼ1時間ものフライトが終わりました。
52.jpg
もちろん最後はGUCCI様の5番機でシメ。


あ、まだ「終わって」ない。
この年最後の「敬礼」を撮る、これも大きな目標だったんです!
それはまた次回・・・




posted at 2008/05/14 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

MAIL:

URL:


コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。